一般の人が家を建てる場合に考えられる依頼先は、ハウスメーカーや、工務店、建築家があります。

その中で今最も注目されているのが、ハウスメーカーです。ハウスメーカーは前からあるし知名度も高いのに、なぜ今でも注目されているのでしょうか。

その最も大きな理由は耐震性の高さと、アフターサービスの良さです。ハウスメーカーは科学の研究開発費を費やしており、最新の建築技術や耐震性を持った家を建てるので最適な住宅会社なのです。

もう忘れ去られているかもしれませんが、三陸沖で発生した国内観測史上最大であったマグニチュード9.0の東日本大震災があります。

東北地方を中心に沿岸部に甚大な被害を及ぼしました。

東北地方だけでなく、関東地方でも、全壊して倒壊した家も多く、外から見ただけでは被害がなかったような家でも、基礎が崩れたりして非常に危険な状態になっている家がたくさん発生しました。

また家の被害がない場合でも、強烈な揺れを感じ、棚から物が落ちて割れてしまったと言う話をよく聞きました。

上から物が落ちてきてそれが頭などの体に当たり怪我をしたと言う事例もたくさん発生しています。

この巨大な地震を経験した私たちが考えたのは、家を建てるときには耐震性がとても重要だということです。

日本の建築基準法では新耐震設計基準が設けられ、どんな家でも震度5程度ではびくともせず建物側上は受けることがありません。震度6強では建物破損があっても崩れないと言う最低基準が定められています。

ハウスメーカーではこの建築基準法の基準を大きく上回る耐震性を実現している会社が多く、中には鉄筋コンクリート造の家を建てることを得意としているハウスメーカーもあり災害に強い家を建てるならハウスメーカーがいいということがたくさんの人に認知され始めてきています。

工務店や建築事務所では、規模のメリットが働かないためにそこまで高くの研究開発費を費やすことができないし、最先端の耐震技術を開発することも難しいのが現実なのです。

もちろん小規模な工務店や建築事務所に依頼することもたくさんのメリットがあるのですが、耐震性能と言うことに関して言えばハウスメーカーで注文するのが比較的良いというのが結論になります。