これからの住宅には必須のネットゼロエネルギー(ZEH)住宅

世界的な環境問題を背景に、日本でも普及の本格化が進みつつあるのがネット・ゼロ・エネルギー住宅、いわゆるゼッチ(ZEH)です。

これから家を建てる新しい基準となるのがゼッチ住宅(ZEH)ですが、まだまだ詳しくは知らないと言う人も多いです。

ゼッチ(ZEH)とはどんな家なのか、それを今回は説明したいと思います。

まずゼッチ(ZEH)とはネット・ゼロ・エネルギーハウスの省略で、高い断熱性能、省エネ性、創エネとの組み合わせで、住まいの年間1次エネルギー消費量が実質概ねゼロになる住まいのことをいいます。わかりやすく説明するならば、電気を必要とせず、電気を自ら作り、電気を上手に使う家と考えることができます。

ゼッチ(ZEH)住宅のメリットは、断熱性能が高く外気温の影響が少ないため冬は暖かく、夏は涼しく暮らセルことです。また高断熱住宅の総合的な効果による健康改善の効果がみられたと言う研究結果があります。

また優れた省エネ性能により、電気やガスなどの年間光熱費を削減することができ、家計に非常に優しいのがメリットです。家が電気を作ることで余った電気を売ることもでき、停電時にも自ら作った電気で賄うことができるので災害にも強いと言うメリットがあります。

最近ゼッチ(ZEH)住宅が必要と言われているのは、地球温暖化ガスの排出を削減するのが世界的な課題であるためです。工場や車だけでなく、住宅にも環境負荷の少ない性能が求められており、その1つがゼッチ(ZEH)住宅なのです。これは世界的な潮流で、地球温暖化にストップをかけるためには、電気を極力使わずにCO2の排出量を減らすことができるネット・ゼロ・エネルギー住宅のような住まいが求められているのです。

それではゼッチ(ZEH)住宅はどのようにすれば作ることができるのでしょうか。

ゼッチ住宅を作るためには、断熱、省エネ、創エネについて定められた性能基準をクリアすることが必要です。

断熱は断熱性能の高い構造体や樹脂製のサッシ(窓)を使うことなど。省エネは省エネ効果の高いエアコンや照明器具、エネルギーロスの少ない換気システム、エコキュートのような高効率給湯器を使うこと。そして創エネについては、太陽光発電など自家発電を組み合わせて設置基準を達成していきます。

これから建てる家のストーリーを考える

理想の家を建てるためには、心地よい空間のイメージや自分好みの素材感などを言葉で具体的に表してみることです。一番手っ取り早いのが夫婦や家族でお互いに、自分の理想とする家を言葉に出して話して見ることです。

「俺は、小さくてもいいからどうしても自分の書斎が欲しい。」「自分も小さくてもいいから絶対に自分だけの部屋が欲しい。」など。

具体的に言葉にしてみることで、イメージがより具体的なものに変わってきて、出来上がりの家を実感することができ、それを図面に少しずつ落とし込んで行けるようになります。

これは、設計士などのものづくりに携わる人たちの間でもよく使われる方法なので、ぜひ真似して参考にしてみてください。

話の前後関係や矛盾は一切きにする必要はありません。その時に思ったこと、感じたことをどんどん口に出して行くのです。できれば、それを誰かがメモに残しておくとよいでしょう。

同時に雑誌やインターネットで集めてきた理想とする家や間取り、内装などの写真をスクラップしておいて、自分の大好きな理想とする家の素材集を作っていきましょう。

家に限らず、街を歩いていて素敵だなと思った風景や小物、デザインなどがあれば、写真に撮って保存しておくとよいでしょう。

家を作るには、ストーリーを考えるとうまくいくことが多いです。

4LDKの家にしたいとか和室が欲しいという、ことではなくて、そこで暮らす生活を言葉にしてみるのです。

「休日は家族みんなが集まって楽しくすごせる空間にしたい。」とか「子供との距離が近くてコミュニケーションが取りやすい家にしたい。」などです。

そういうストーリーをどんどん書き出していけば、自然とどのような家を作ればいいのかが決まって行きます。

自分たちの家族の想いをストーリーにして言葉に出して表現し、それをどんどんメモしていくことで、理想の家の骨組みが少しずつ出来上がっていきます。

このストーリーを参考にすれば、プランニングに迷った時も、迷わずにすぐに答えをみつける事ができるようになります。